スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジミ・ヘンドリックス ライヴ・アット・モンタレー

ジミ・ヘン衝撃のアメリカ凱旋帰国ライヴの模様を収録したCDです。

イントロでジミの紹介をしているのはブライアン・ジョーンズ(ストーンズのオリジナル・メンバー)です。

直後に、キリング・フロアーのギラギラとした鋼鉄のギターリフが爆裂します。

私の初めてのジミ・ヘンドリックス体験(エクスペリエンス)は物凄いインパクトでした。

ギターの圧倒的なスピード感や情感、ぶっきらぼうでカッコいいVo、ミッチ・ミッチェルの凄まじいドラム。

これが、伝説のジミ・ヘンドリックスか!と。

ライク・ア・ローリング・ストーンでのイントロのギターカッティングの神々しいまでのカッコよさ。
どう弾けばあんな物凄くて繊細なソロが弾けるのか。

ロック・ミー・ベイビーではノリノリのジミが、エロさ全開でw爆発しています。
スタジオ演奏版(1stアルバム)とは全く違う曲かのようにエネルギッシュです。

ヘイ・ジョー
風の中のマリーでは、一転して静かで雰囲気満点の演奏を披露し、

紫のけむりでは、爆音&ワイルドな演奏に

ラストのワイルド・シングでは有名な、ギターに火をつけてぶち壊す音が聴けます。
ノイズ大会ですw
上記の模様はDVDでも見る事が出来ます。

お勧めのアルバム&映像作品です。

私が持っているCDは、リマスター前の物でノン・リヴァーブで生々しい演奏が聴けるものです。
現在、買えるのは

とDVD作品では


です。

VHS版を持っていましたがDVDで画質や音質の向上を期待して購入しました。

CDとDVDが同じマスタリング(リヴァーブ処理)されていたら残念です。

5.1chで聴いたことが無いのでDVDの判断はできませんが・・・

昔のCD・VHS(オーティス・レディングとのカップリング!)はリヴァーブ処理がされておらず、

目の前でジミが演奏しているような迫力がありました。

今のヴァージョンは離れてステージに立っている印象ですね。

ジミ・ヘンのイメージは、ドラッグ中毒の暴れん坊みたいな感じですが、

歌詞の内容や本人や周りの人が証言している通り、酒もドラッグも好きではありませんでした。

そんなんで朦朧としているよりも、クソ忙しい中でギターを弾き続けて常に新曲を作っていました。

人としても、優しくシャイな人だったと。


完成を聴く事無く旅立ってしまいましたが、
ファースト・レイズ・オブ・ザ・ニュー・ライジング・サン


はオリジナル・スタジオ・アルバム3枚と今回紹介したライヴ・アット・モンタレーのCD
とともに、ジミ・ヘンドリクスが到達した4枚目のスタジオ作品として聴いていただきたいです。

上記DVD 2作品もおすすめです。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア

リンク
カテゴリ
最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア

フリーエリア


多汗症 治療 手掌 わきが体臭~体が冷えている人の汗はクサイ?!

歯列 矯正 成人歯列矯正治療について

無料でできるウィルスバスター~無料のウィルス対策と無料でできるスパイウェア対策


損害保険って?

結婚式とは?
近眼でお悩みですか?

家庭教師って?

転職でお困りですか?

カードローンとは?

整形で綺麗になる!


退職金とは?

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。