スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

滝行体験~読売新聞より静山荘で滝行体験…痛さ・冷たさ、悩み打破

ということで読売新聞からの抜粋です。

http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=28062

滝の水を浴びる滝行(たきぎょう)が一般にも広がっています。山中であえて冷たい水を浴びることに、どんな効用があるの? 滝行を体験し、考えてみました。(渡辺理雄)

 「癒やされたくて来ました。気持ちよかった」

 千葉県浦安市の会社員女性(25)が、屈託ない笑顔を見せた。東京都青梅市の武蔵御嶽(みたけ)神社近くの「綾広(あやひろ)の滝」での滝行体験。同じ会社の男性(32)を誘い、カップルでの参加だ。

 この滝行、数年前に手軽な「プチ修行」の一つとしてマスコミで紹介され、体験する会社員らが増えた。指導する寺・神社や宿坊(参拝者向けの宿)は、国内に少なくとも20か所はある。冒頭の女性が参加した宿坊「静山荘」の滝行体験では昨年、約1000人が滝に打たれた。

 指導した同神社神職の橋本薫明(よしあき)さん(57)によると、参加者は20~40歳代女性の割合が高い。

 「占いや神秘的な力があるとされるパワースポットなど、スピリチュアル(霊的)なものへの興味の延長で、滝行にひかれる人が多いようだ」と話す。



{滝行体験入門DVDの詳細はこちらから}

 ただし、滝に勝手に入るのは危険。指導者がいる場所で行うようにしたい。体調が良くない時には無理は禁物だ。
滝行
 古来の宗教である修験道などで行う修行の一つ。神仏に祈願したり、本格的な修行に入ったりする前などに、身心の汚れを払うために行われている。
水温14度の「修行」
「綾広の滝」に打たれる記者。予想以上の衝撃に必死で耐えたが……(6日、東京都青梅市で)
7月6日、綾広の滝。記者も滝行に挑戦した。

読売新聞の続きは
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=28062
からどうぞ

滝行体験、ヴィパッサナー瞑想、癒しの動画はヒーリングスウィートへどうぞ

イナータス・スキンケアで素肌美でお肌のお悩み解決のイナータス多美 PCホームページはこちらからどうぞ
イナータス多美 携帯ホームページはこちらからどうぞ

スポンサーサイト

テーマ : 心理学
ジャンル : ブログ

ヒクソン・グレイシー

ヒクソン・グレイシーと言う格闘家の言葉です。

ヨーガの達人でもある彼の言葉は、仏教を学ぶ者にとっても素敵です。


『一瞬が人生全体の様になりその一瞬に全ては含まれている。そしてその一瞬を永遠として捉える様になる。あらゆる物を感じ自分自身は空に。この空の感覚に成ると心はこの一瞬に起こる事全てに反応する様になる。それは頭で予想するのでは無く瞬間に反応する。空間の中のその物に成る。そして一瞬の閃光の中に全人生にも匹敵する経験をする。』
ヒクソン・グレイシー

『自然の中にいると未来も過去も何も意味を持たなくなり、その瞬間から力を感じて生きる事が出来るのです。』
ヒクソン・グレイシー

『神に対しこの力に満ちた中立な存在…あらゆる物から自由である立場…に対し身を委ねる可きなのだ。汚れの無い澄み切った状態に達する為には私は信じる。神はENERGYであり我々の周りに存在し万物に宿っていると。神は全てを可能にする創造的ENERGYなのだ。私自身と家族にとっては息子ホクソンの死を通じて嫌でもこの信念が試された。人生の光を奪われた時、理屈として信じていた事全てが試される事になる。私は何物にも固執しないて言う事が出来る。神が万物に宿っているのならこの決定にもまた宿っている事を理解すべきなのだ。神は高次元の名伏し難いENERGYである。それはただそこに存在するのだ。人がこの3次元世界から去るのはごく自然な事。そう呼吸の様に自然な事である。私の中に神のENERGYが循環する。魂が常に何かと繋っているのを感じるのだ。』
ヒクソン・グレイシー



こちらもDVD化されている作品の中ではいいが


こちらのほうがお勧めかな?

あしたのジョー3
連載再開しました!
暇つぶしに読んでみてください。

オモロイ坊主こと
藤川 チンナワンソ 和尚のヴィパッサナー瞑想指導動画「楽になる生き方4~執着
から離れるとは?~」好評発売中!&癒しの動画はこちらからどうぞ

↑私の作曲&演奏の瞑想CDも絶賛発売中です。視聴してみてください。

小野リサ Soul&Bossa

Soul&Bossa
小野リサ



小野リサのavex移籍第一弾アルバムはマービン・ゲイの名曲「What's Going on」はじめとするR&B名曲のボサノヴァ・アレンジ・カヴァー曲集。2007年はボサノヴァの神様アントニオ・カルロス・ジョビンの生誕80周年にあたり、日本でも多くのイヴェントが開催される他、ドキュメンタリー映画"This is Bossa Nova"の公開などが予定されています。本人の活動も7月上旬に北海道ツアー、8月18日にはアントニオ・カルロス・ジョビンの生誕80周年記念コンサートへの出演(日比谷野外音楽堂)、また自身の全国ソロ・ツアー、恒例のウインター・コンサート等が予定されています。


01. For Once In My Life
02.(Sittin'On)The Dock Of The Bay
03. You've Got A Friend
04. Family
05. Overjoyed
06. Georgia On My Mind
07. I Got You(I Feel Good)
08. Nada Mais/Lately
09. I Can't Stop Loving You
10. Unchain My Heart
11. What's Going On
12.Eu Voce

<本人からの動画メッセージ>
小野リサ本人動画コメント

I Got You(I Feel Good)は故ジェームス・ブラウンの名曲です。

汗のほとばしる(特にライブだと)JBヴァージョンとは完全に別物ですw

やけに涼しい香りが漂う素敵な曲に生まれ変わっています。

小野リサさんの声は本当に癒されますね。

ぜひ聴いてみて下さい。



バレンタインにはこちらがお勧めです☆

スナップステーションで思い出をカタチに!コクヨ スナップステーション / 命名フォトフレーム




テーマ : 女性アーティスト
ジャンル : 音楽

小野リサさんで癒されるの巻



う~ん
穏やかだ
Lisaさんのオーラで癒される



カントリーロード!
素晴らしい!

CDを聴いていて久し振りに泣いた
アルバム「ボッサ・カリオカ」収録の
「マリア朝よ」で
限りなく優しい・・・・


オモロイ坊主こと藤川 チンナワンソ 和尚のヴィパッサナー瞑想指導動画&癒しの詩&癒しのロック

心癒しの書道家「清正」のブログ
癒しのRock Kirieの音楽が聴けます
FC2 Blog Rankingへ
人気blogランキングへ
JRANKビジネスブログランキングへ

テーマ : 女性アーティスト
ジャンル : 音楽

「硫黄島からの手紙」~メンタリティーの怖さ~

これは実話を元に描かれているとはいえ、実際の現場を見たものはいない。
フィクションである

戦後を自虐史観で洗脳された日本人や右翼の日本人が監督するのと
アメリカ人であるイーストウッドが監督するのは、どちらが正確な描写が出来るか?

どちらにも正確な描写など出来ない
偏見と思われていることも史実に照らせば「なるほどね」とうなずけることもあるからだ

日本人にも様々な人がいるように、アメリカ人にも様々な人がいる
そのなかの個人が自分の描きたいように描いた描写が、歴史事実と寸分たがわずということは
ありえないだろう

また、実際の体験者に話を聞いたとしてもそれはその人の「感想」である
全体を眺める「俯瞰」で見つめる視線ではない
人の記憶とはあやふやなものである

つまり、個人が演出したもの=フィクションである
ということを前提に感想を話したいと思う

一言で言うと
「怖い映画だった」
音の処理が凄い!
あんなに爆音や火器の発射音が怖いと思ったことはない
さすがミュージシャンでもある(サントラも作曲している)イーストウッドのこだわりだろう
エコーの処理、あくまでも乾き、殺伐とした音
戦闘シーンは、細かい音の処理と大画面の迫力&カット割で、体の内側からざわざわと悪寒がたちのぼる
非常に怖いシーンの連続である

日本人の?メンタリティーの怖さもひしひしと伝わってくる
細かく書いてしまうといけないと思うので簡単に

上官が、兵隊たちに向かって自決を強制するシーンがある
兵隊たちは上官の命令=絶対=逆らう奴がいないから従うしかない
上官の気持=俺は国のためを思っている=天皇陛下の意思だ=それは俺の意思だ=俺の意思は天皇の意思だ
と錯覚してしまっている
だから、あの状況下で人に「自殺しなければ俺が殺すぞ」
ということが強制できる
さらには「死なばもろともだ」という意識も上官にはあったであろう
さらにつきつめると
「俺が死にたいの、だからお前らも死ぬの!だって俺が決めたの!」
というジャイアンも吃驚仰天のわがままぶりで人を人とは思えないメンタリティーが形成される

だが!ちょっと待て!
これって良くある日本人の怖い上官の描写のまんまじゃないか?
こんな幼稚な大人が人の上に立ってもいいのか?

渡辺謙さん演じる「栗林」は魅力的な男だ
なぜか?
それは「非常時」に「平常心」を保っているからだ
「体罰」や「人を思わない連続した労働の強制」や「無駄なことをさせない」
という「常識」を常に貫いているからだ

二宮和也さん演じる「西郷」が人間的に写るのも「非常時」に「常識」を保っているからだ
死にたくない。日本に生きて帰りたい。また妻に会いたい。
と自己に正直なままであるから共感を抱ける

自分を偽るものに共感など抱けない

「公」の意識は大切だがその原点はあくまで正しい常識的な「個」の意識の延長線上に無ければならない
錯覚の「公」の意識が悲劇を生む

まあ、仕事でも何でも「バカ上司」についたら大損するということですね
損をしないためには「バカ」を説得して軌道修正をしないといけない
日本の首相、大臣も殆んどバカばっかりです
なんで、自国を売るような朝日新聞の記事を鵜呑みにした中国や韓国に機嫌を損ねられたからって
充分な検証もせずにすぐに謝ってしまったのか?
日本人としてのプライドが無いのかと
バカを選んだのは国民ということになっていますが
本当かね?

話がだいぶ横道にそれましたが
私が「硫黄島からの手紙」をみて一番感じたことは

「非常時に平常心でいることがいかに大切か」
ということです

ミュージシャンKirie'sホームページ

オモロイ坊主こと藤川 チンナワンソ 和尚のヴィパッサナー瞑想指導動画&癒しの詩
ヒーリングスウィート


心癒しの書道家「清正」のブログ

FC2 Blog Rankingへ
人気blogランキングへ
JRANKビジネスブログランキングへ

テーマ : 『硫黄島からの手紙』に期待する。
ジャンル : 映画

フリーエリア

リンク
カテゴリ
最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア

フリーエリア


多汗症 治療 手掌 わきが体臭~体が冷えている人の汗はクサイ?!

歯列 矯正 成人歯列矯正治療について

無料でできるウィルスバスター~無料のウィルス対策と無料でできるスパイウェア対策


損害保険って?

結婚式とは?
近眼でお悩みですか?

家庭教師って?

転職でお困りですか?

カードローンとは?

整形で綺麗になる!


退職金とは?

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。